第7回 温故知心 五代目 堀口 新兵衛さん

温故知心 五代目 堀口 新兵衛さん

第7回 温故知心 五代目 堀口 新兵衛さん(81歳)三恵子さん(73歳)(三重県在住)

今月は、三重県松阪市で『堀口酒店』を営むご夫婦にお話を伺いました。100年以上続く老舗酒店の5代目であるご主人と奥さま。仕事だけでなく、プライベートでもお酒をこよなく愛し、夫婦でお酒を毎晩楽しんでいるとか。元気の秘訣と夫婦円満のコツを教えていただきました。

★仕事後の晩酌がリラックスの時間

 「店の休みは月に1日だけ。以前は忙しく、なかなかゆっくりする時間はなかったのですが、今は息子たちも手伝ってくれているので、私は営業時間に店を抜け、お酒を飲みに行き、上手に息抜きしています(笑)近頃は妻と晩酌するのが日課になりましたね。店を閉めた後、ふたりでテレビを観ながらお酒を飲みます。話題はだいたいお客様との会話の話。何気ない時間ですが、心地良い時間ですね。」(新兵衛さん)
 「私の母は90歳まで長生きしました。亡くなるまで毎晩1合ずつ、晩酌をしていました。私たちもそうですが、きっと好きなお酒を飲む、好きなものを食べるというのが元気の秘訣。オニザキのごまをかけた料理はとてもお酒と相性がいいですね。」(三恵子さん)

★お客様から元気をいただいています!

 「毎日、店に立っているから元気でいられます。人と接するのが元気のもと。お客様と話をすると、自然と笑顔になります。長く店を営んでいるので、何十年も通ってくださる常連客も多い。きっと私たちが話し相手になるから来てくださるのでしょうね( 笑 ) 」(新兵衛さん)
 「私の母の跡を主人が継いで50年になります。多くのお客様が私たちの顔を見に来て下さることを心から感謝しております。」( 三恵子さん )